YouTube動画の自サイトへの埋め込み方法と注意点【画像解説】

サイトやブログにYouTubeの動画を埋め込むと、訪問者の滞在時間も増え、検索エンジン対策(SEO)上も有利に働きます。

この動画ではそのような一面も持つ、YouTube動画の自サイトへの埋め込みを行う方法とその際の注意点について画像を用いてわかり易く解説していきます。

埋め込み動画はSEO対策にもなる

YouTubeの埋め込み動画とは、下記の画像のように(当記事もそうですが)、サイトやブログ中でYoutubeの動画を再生できるようにすることです。

サイト上で動画コンテツを扱うことは、サイト訪問者の滞在時間を伸ばすことにもつながるため、Googleからのよいサイトと評価され、SEO対策上もよい効果をもたらします。

上位表示をさせたいサイト運営者は今後、ぜひともYouTube埋め込み動画を活用するとよいでしょう。

以下では、実際にYouTube動画を埋め込む方法とその際の注意点について解説しています。
youtbe-umekomi0

YouTube動画を自サイトに埋め込む方法

埋め込みたいYouTube動画のページを開く

自分のサイトに埋め込みたいYouTube動画のページを開き、「共有」をクリックします。
youtube-umekomi1

「埋め込みコード」をクリックします。
youtube-umekomi2

動画サイズの選択

動画サイズを選択します。
適切なものがない場合、「カスタムサイズ」を選ぶことにより、任意のサイズにすることも可能です。
youtube-umekomi3

再生後の関連動画表示に関する設定【重要】

「再生が終わったら関連動画を表示する」のチェックは外しておきましょう。
これをしておかないと、自サイトのアクセスが関連動画の閲覧により、逃げてしまう恐れがあります。
youtube-umekomi4

生成された埋め込みコードのコピー

上記の設定が反映された埋め込みコードが生成されますので、生成されたコードを全部選択します。
youtube-umekomi5

右クリック⇒コピー 埋め込みコードをコピーします。
youtube-umekomi6

サイトへの埋め込みコードの貼り付け

WordPressにログインし、投稿画面で、埋め込みコードを貼り付けます。
youtube-umekomi7

「更新」をクリックします。
youtube-umekomi8

サイトを確認すると埋め込み動画が表示されていることが確認できます。
動画が左端に寄っており見栄えが悪いので、次のステップで動画を中央に表示させるよう、変更します。
youtube-umekomi9

埋め込み動画のセンタリング

埋め込み動画を記事の中央に表示させるため、センタリングのタグを追加し、更新。(下記画像参照)
youtube-umekomi10

再度、サイトを確認すると、埋め込み動画が中央に表示されていることが確認できます。
youtube-umekomi11

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ