Crazy Boneのインストール方法と使い方【画像解説】

WordPressは大量の記事の取り扱いも容易に行え、ブラウザ上からログインすることによりどこからでも編集が可能ですので、大変使い勝手のよいものです。

しかしながら、その便利さが裏目に出ることがあります。

世の中には悪質な輩がいるもので、個人情報抜き取り、いたずら、乗っ取りなどの目的で、不正ログインをしようと試みる人がいます。

力を入れて作成してきたWordPressブログであれば、もし、不正にログインをされて、データ改ざん等されてしまっては、とても悲しい事になってしまいますので、セキュリティ対策は万全にして置かなければいけません。

そこで、今回は、WordPressへのログインの履歴を閲覧することが出来、不正ログインがあったことについて通知もしてくれるWordPressプラグイン『Crazy Bone』のインストール方法と使い方について画像を用いて丁寧に解説していきます。

Crazy Boneでできることと導入の必要性について

不正ログイン対策のためには、もちろん、最低限ユーザー名やパスワードは推測されようのない複雑なものにしておきましょう。

その上で、こちらのプラグインも導入すれば、不正ログインを試みる輩がどのようなユーザー名やパスワードでアタックしてくるのかもわかりますので、それに基づき対策をすれば、まさに鬼に金棒です。

Crazy Boneのインストール方法

WordPressへのログインとプラグインの新規追加

WordPressにログイン後、『プラグイン』⇒『新規追加』をクリックします。
CrazyBone00

検索窓に『Crazy Bone』と入力し、Enterキーを押します。
CrazyBone01

表示された検索結果の『Crazy Bone』のところの『いますぐインストール』をクリックします。
CrazyBone02

『OK』をクリックします。
CrazyBone03

プラグインの有効化

『プラグインを有効化』をクリックします。
CrazyBone04

Crazy Boneの使い方

管理画面の呼び出し

『ユーザー』⇒『ログイン履歴』をクリックすることにより、管理画面を開くことが出来ます。
CrazyBone05

開いた管理画面では、ログイン履歴を確認することが出来ます。
ID毎に、

・ログイン・ログアウトが行われた日時
・IPアドレス
・国
・OS
・ブラウザ

等が表示されています。
CrazyBone06

WordPressにログイン中、画面右上の『こんにちは、◯◯さん!』のところに、マウスカーソルをあわせると、最終ログインのタイミングや国、OS、ブラウザ等が確認できます。
CrazyBone07

不正ログインのアタックがあったら知らせてくれる

WordPressにログイン中に、他のIPアドレスからログインされると画面右上に警告が表示されます。
CrazyBone08

サマリー(ログイン等の記録の集計)の確認

画面右上の『サマリー』をクリックします。
CrazyBone09

この画面から、ログイン、ログアウト、ログアウト失敗の回数を集計して確認を行えます。
ログイン失敗の時は、実際にログインしようとした際のアカウント、パスワードも表示されます。
この記録を参考に、ユーザー名やパスワードを変更するなど、不正ログイン対策に役立てることも出来ます。
CrazyBone10

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ