本当に今日しなければならない仕事かをよく考える 【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

残業が習慣になってしまっている人がいます。

恒常的に忙しい職場であればやむをえない部分もありますが、残業が習慣になっている人は翌日にまわしても構わない仕事を片付けるために残業をしてしまいます。

副業でネットビジネスに取り組むのなら、本業の仕事はさっさと切り上げて、帰宅後に取り組む時間を確保するべきです。

そのためには、不要な残業をしないように、自分の中にルールを設けて、時間が来れば切り上げて帰宅するように習慣づけるべきです。

今回は、副業者のための本業で残業しない方法として、『本当に今日しなければならない仕事かをよく考える』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

残業をするのが、くせや習慣になってしまっている人がいませんか?

そのような場合、
残業する前に本当に今日しなければいけない仕事かを
よく考えてみることをおすすめします。

もちろん、恒常的に忙しい、そもそもの業務量が多い職場であれば、
残業してでもどんどん仕事をさばいていかないと
仕事が消化できないのかもしれません。

それでも時には残業せずに早く帰れるという日が、
年に数日かもう少し多いかはわかりませんが、
どんな職場でも確実にあると思うのです。

もちろん、中には、クレームの対応、
あるいはどうしても日中では都合のつかない相手との面会、
翌日が回答締切日である調査や資料の作成など
やむを得ない場合もあるとは思います。

しかし、そうではない、
自分のコントロールできる範疇の仕事であれば、
本当に今日残業してまでやらなければならない仕事かどうかを
今一度考えてみると、必ずしも今日やってしまわなければ
いけないものというのは、そうそう多くないのではないでしょうか。

私は、雇われて働いていた時代、できるだけ残業をしないようにしていましたので、
この判断は慎重に行うようにしていました。

案外翌日に回しても問題なく仕事が進むようなことも経験上多かったのです。

それでも、中にはどうしても今日中にやっておいたほうがよい仕事もあります。

そんな時、上司に
「~という事情で、今日中に処理すべきだと考えるのですが、残業をさせてもらってよろしいですか?」
と言えば、まず認めてもらえるのです。

「お前がそう考えるんなら、必要なことなんだろうな。苦労かけるけど、よろしく頼むわ。」
と快く認めてもらえたものです。

普段から、残業の必要性を吟味する習慣を身につけておけば、
本当に残業が必要なときには、このようなメリットもあるのです。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ