Googleドキュメントの使い方【画像解説】

ネットビジネスにおいて、レポートや電子書籍を作成するために、ワープロソフトは欠かせません。

現在、最も広く普及してるのはMicrosoft OfficeのWordだと思いますが、ワープロソフトは別にWordだけではありません。

そこで今回は、無料で、しかもパソコンにソフトをインストールすることなく利用できるGoogle社の文書作成アプリケーション「ドキュメント」の使い方について画像を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

Googleドキュメントを使うために

Googleドキュメントは無料で利用でき、パソコンへのインストールが必要なくwebブラウザ上で利用ができるGoogle社の提供する文書作成に関するwebアプリケーションです。
利用には、Googleドライブを併せて利用することとなりますので、下記の記事を参考に、まずはGoogleドライブを導入してください。
Googleドライブのインストール方法と使い方【動画解説】
Googleドライブのインストール方法と使い方【画像解説】

Googleドキュメントの起動

Googleドライブにログインし、「作成」⇒「ドキュメント」をクリック

google-document1

メニュー等の説明

下記の画像のようなメニューとなっています。

MicrosoftのWordとそれほど変わらず直感的に操作することができます。
google-document2

ファイル名の変更方法

ファイル名クリック後、新しい名前を入力し、「OK」をクリック

google-document3

画像を挿入する方法

「挿入」メニューをクリックし、「画像」を選択

google-document4

「アップロードする画像を選択」をクリック

google-document5

画像を選択し、「開く」をクリック

google-document6

画像の挿入完了

画像が挿入されました。
google-document7

図形を挿入する方法

「挿入」メニューの「図形描画」を選択

google-document8

挿入したい図形を選択

google-document9

クリックやドラッグにより、図形を調整後、「保存して閉じる」をクリック

google-document10

図形の挿入完了

図形の挿入が完了しました。
google-document11

表を挿入する方法

「表」メニューの「表を挿入」を選択し、表の形を指定

google-document12

表の挿入完了

表の挿入が完了しました。
google-document13

ドキュメントをPDFファイルで保存する方法

プリンタのアイコンをクリック

google-document14

「変更」をクリックし、「PDFに保存」をクリック

ここで、「PDFに保存」とせずに、プリンターを指定すると印刷が行えます。
google-document15

「保存」をクリック

google-document16

保存先を指定し、「保存」をクリック

google-document17

PDFファイルが出力された

今回、保存先として指定したデスクトップにPDFファイルが出力されました。
ファイルを開いてみると、問題なくPDFファイルを閲覧することが出来ました。
google-document18

以上になります。

公式メルマガ


One Response to “Googleドキュメントの使い方【画像解説】”

  1. 金子  より:

     有難うございます。

     これも、もっとも大事な、然も、私にとっては、全く初耳の仕様です。

     これも、」これからしっかりと、勉強したいと思います。

     感謝!! 感謝!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ