Wordの使い方【画像解説】

ネットビジネスでは、コンテンツには大きく分けて3種類あります。

それは、文書・音声・動画です。

文書をレポート等の形にして配布をする際には、PDFファイルにして配布するのが一般的ですが、元となるファイルはワープロソフトで作成することとなります。

そこで、今回は、一般的に広く普及しているワープロソフトMicrosoft OfficeのWordの使い方について画像で丁寧に解説していきます。

解説に用いたバージョンについて

ご説明しているもののバージョンは、Microsoft Office 2013 です。

Wordの起動

スタートメニューあるいはショットカットファイルから開く

word-tsukaikata1

テンプレートの適用

使用するテンプレートをクリック

Wordを開くと、はじめにテンプレートを選択する画面が表示されます。
適用したいテンプレートをクリックします。
※とくにテンプレートを使用しない場合は、「白紙の文書」をクリックします。
word-tsukaikata2

「作成」アイコンをクリック

word-tsukaikata3

テンプレートが適用されたファイルが開く

テンプレートが適用されたファイルが開かれました。
word-tsukaikata4

オンラインテンプレートの使用方法

Microsoftからオンライン上ではより多くの種類のテンプレートが提供されています。
オンラインの状態で、Microsoftアカウントにログインした状態で、テンプレート選択画面の上部の検索窓に検索語句を入力後、虫眼鏡のアイコンをクリックします。
word-tsukaikata5


検索語句に関連するオンラインテンプレートが表示されました。
word-tsukaikata6

Wordの主要機能の説明

「ホーム」タブの主要機能の説明

下記の画像のとおり、書式の変更等が行えます。
word-tsukaikata7

「挿入」タブの主要機能の説明

表や画像、図形等の挿入が行えます。
word-tsukaikata8

「デザイン」タブの主要機能の説明

テーマやスタイルの変更が行えます。
word-tsukaikata9

「ページレイアウト」タブの主要機能の説明

ページの余白の設定が行えます。
word-tsukaikata10

「校閲」タブの主要機能の説明

「文字数のカウント」で入力されている文字数をカウントすることができます。
word-tsukaikata11

「表示」タブの主要機能の説明

文書表示のレイアウト変更、ルーラーの表示非表示の切り替え、表示倍率の切り替え等が行えます。
word-tsukaikata12

ファイルの保存や印刷の仕方

画面左上の「ファイル」タブをクリック

word-tsukaikata13

表示されたメニューから保存や印刷が可能

word-tsukaikata14

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ