明日やればいい仕事のことは今日は考えない【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

副業としてビジネスに取り組むためには、本業の仕事をできるだけ効率よく終わらせ、帰宅後の作業時間を確保することが必要となります。

仕事を効率よく終わらせるためには、段取りや仕事のやり方等も考えていく必要がありますが、集中力を持って取り組むことが大切です。

今回は、副業者が残業しないための仕事術として、『明日やればいい仕事のことは今日は考えない』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

残業をしないためには、仕事の効率を上げていく必要がありあります。

仕事の効率を上げるためには、仕事の段取りやマインドも大切ですが、
目の前の仕事に集中するということが非常に大切です。

しかしながら、このことは、それぞれの仕事に必要な集中度合いに
よっては、必ずしもそうとは限りません。

例えば、世間話程度の気楽な電話応対中なら、
それだけに集中しているのはもったいないため、
簡単なメールチェック等のあまり思考を必要としない
事務処理を『ながら』でこなすということは別に構いません。

ですが、そうでない、一定の思考を必要とするような
書類の作成等の仕事の場合、目の前の仕事に集中すべきです。

そのためには、頭のなかがあれこれと心配事で
支配されていては効率は著しく下がってしまいます。

例えば、他の仕事のことを考えてしまうような場合です。

その日のうちに、片付けると決めた仕事を何としても
片付けるために、後の仕事のことを考えてしまうのは、
ある程度しかたのないことです。

しかしながら、その日に終わらせる必要のない
翌日に取りかかればよい仕事のことをあれこれと考えてしまうのは
良くないことなのです。

翌日の仕事のことを考えておいた方が、翌日楽になるのではないかと
言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
翌日の仕事のことを考えて集中力を落としてしまって、
前日の仕事の積み残しが翌日に繰り越されて余計に苦しくなる
ことの方が多いと考えています。

もし、翌日の仕事がどうしても気になるという場合は、
紙に書き出して一旦忘れてしまうようにしましょう。

メモ用紙か何かの紙に、翌日の仕事のことを書き出し、
普段の仕事中は目にはいらないようなところに、
しまっておくのです。

そうすれば、もやもやと翌日の仕事を考えてしまうことなく、
目の前の仕事に集中することが出来ます。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ