【成功するためのマインドセット】大きく稼ぐための2つの選択肢【動画解説】

どうせ、ネットビジネスに取り組むのなら、月収100万円、月収1000万円、あるいはもっと上など、大きく稼ぎたいと思っている方も多いことでしょう。

ネットビジネスに限らず、ビジネスでより大きく稼いでいこうと思えば、大きく分けて2つの戦略があります。

今回は、成功するためのマインドセットとして、『大きく稼ぐための2つの選択肢』というテーマで、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ネットビジネスで大きく稼いでいてくためには、
2つの選択肢があります。

それは、

・自己価値向上(自分の単価を高めること)
・組織化

の2つです。

まず、
・自己価値向上
についてです。

ネットビジネスでは、
稼ぐためのコンサルティングをして、自分自身を商品とするか、
自分の頭の中にあるノウハウ等をコンテンツ化して商品とするか
ということになってきます。

そして、
それらの商品の価格は、
自分の腕や自分の頭の中にあるものの優劣によって決まります。

例えば、
自分自身が商品となるコンサルティングでは、
より、自分の稼がせるコンサルタントとしての腕が上がれば、
それだけ、コンサルティング料金も高額にできます。

つまり、
ひたすら腕を磨き続けていけば、
より優れた価値が提供できるようなり、
高単価路線が取れるのです。

そして、高単価路線を取ることができれば、
より収益性もアップし、大きく稼ぐことができます。

次に
・組織化
という方法についてです。

人間、誰しも一人でできることには限界があります。
それならば、人にやってもらえばよいという発想です。

ただし、人にやってもらおうと思えば、
外注や社員を雇うだけのコストをペイできるだけの収益性が
あることが大前提として必要です。

そして、人の手を導入する際には、
外注 ⇒ 社員
という順序を守ることが大切です。

なぜなら、
社員を雇うことは、外注など以上の
法的責任と道義的責任を伴うからです。

社員として雇えば、
労働関係法規の適用を受けますし、
しっかりと、給料日に遅れないように適切に給料を払って、
雇った社員自身やその背後にいる社員の家族を含めて
間接的に養っていく責任が生じます。

以上、大きく稼ぐための選択肢として、
・自己価値向上
・組織化
という方法についてご説明しました。

これらの方法は、
片方だけ取り入れても構いませんし、
両方取り入れても構いません。

しかし、
基本的な考え方として、
自己価値向上 ⇒ 組織化
という順序を守るようにするほうがよいと考えています。

組織化するということは、
給料を払い続けていくという責任が生じます。

その責任を果たすために、まずは、自己価値を向上させて、
いざとなったら、一人でもいくらでも価値を創出して
稼ぐことができる状態になっておくほうが安心だからです。

ただし、下記のような場合には、
外注であれば、適宜、積極的に活用すべきです。

・自分の時間を節約するため
 自分でなくてもできる作業を外注し、あいた時間で、収益性を向上させるための活動(自己価値向上のための勉強等)に取り組むことは、今後の稼ぎを大きくするために有効です。

・自分の能力の不足を補うため
 自分に不足する能力(デザイン等)を補うために、外注に発注すれば、より品質の良いものを利用できるとともに、その能力を自分で習得するのに必要だったはずの時間を大きく節約することができます。

動画内では、
より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひ、ご覧になってくださいね。

公式メルマガ


2 Responses to “【成功するためのマインドセット】大きく稼ぐための2つの選択肢【動画解説】”

  1. 外注迷い人 より:

    外注で検索してたどり着きました。「ただし、人にやってもらおうと思えば、外注や社員を雇うだけのコストをペイできるだけの収益性があることが大前提として必要です。」というところに共感しましたが、実績がない仕事を期待値だけで申し込むかは悩ましいところですね。

    • 井野 瑛太 井野 瑛太 より:

      外注迷い人様

      コメントありがとうございます。

      外注を頼む場合は、まずは、テストとして小規模な案件を頼んでみるといいですね。
      あとは、ある程度は先行投資する意識でやっていくのが、よりはやく収入を伸ばしていくコツでもあります。

      参考にしていただければ幸いです。

      井野瑛太

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ