Stable Life
サイトアフィリやメルマガを駆使して稼ぐ元公務員社長井野瑛太のオフィシャルブログ
環境構築

メールアドレスの種類と使い分け方【動画解説】

メールアドレスにはいくつか種類があります。

大きく分けて、フリーメールアドレス、プロバイダーメールアドレス、独自ドメインアドレスの3つです。

この中で、ネットビジネスで情報発信をする際など、ビジネス用途としては独自ドメインアドレスを利用することを強くおすすめします。

そこで、今回はメールアドレスの種類とそれぞれのメリット・デメリット、使い分けの仕方などについて動画で詳しく解説していきます。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ネットビジネスに取り組んでいくのであれば、
メールアドレスにもこだわったほうがよいです。

メールアドレスには、大きく分けて
・フリーメールアドレス
・プロバイダーアドレス
・独自ドメインメールアドレス
の3種類があります。

ビジネスとして、
顧客対応やメールマガジンなどで情報発信をする際に
フリーメールアドレスやプロバイダーメールアドレスを使っていたら
メールを受け取った相手はどう思うでしょうか?

なんというか、
お手軽感というか、いつでも逃げられてしまう感じ
の印象を受け取ってしまうのではないでしょうか。

つまり、発信者への不信感につながるのです。

これが、独自ドメインメールアドレスであれば、また印象が変わってきます。

独自ドメインメールアドレスというのは「◯◯◯@inoeita.com」などのように
自ら取得したドメインを用いたアドレスのことです。

独自ドメインアドレスであれば、
しっかりビジネスに本腰を入れてやっているという印象を
サイト訪問者やメルマガ読者に与えることができますので、
信頼をえることにつながります。

ネットビジネスで情報発信を行う際には、
この不信感を払拭し、信頼をしてもらうということがとても大切です。

ですから、
ビジネスとして本気でネットビジネスに取り組むのであれば、
是非、独自ドメインアドレスを利用してください。
独自ドメインアドレスの取得方法については下記の記事で解説しています。
独自ドメインメールアドレスを取得する方法(エックスサーバー利用)【動画解説】

動画内では、
・メールアドレスの種類
・それぞれのメリットやデメリット
・使い分けの仕方等
について丁寧に解説していますので、ぜひ御覧ください。

お時間がないという方は、
概要をまとめた下記の表を御覧ください。
20140701メールアドレスの種類と使い分け方

公式メルマガ