WP Multibyte Patchのインストール方法と使い方【画像解説】

元々、WordPressは英語圏で開発されたものであるため、マルチバイト文字(漢字やひらがな等、1文字2バイトの文字)では、様々な不具合が生じることがあります。

WordPressのバージョンアップに伴い、それらの不具合は次第に解消されてきているようですが、それでもまだ完全ではないようです。

今回は、この不具合を修正するためのWordPressプラグイン『WP Multibyte Patch』のインストール方法と使い方について画像を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

WP Multibyte Patchの使い方

WP Multibyte Patchは、WordPressに標準で初めからインストールされていますので、有効化するのみでOKです。

詳細な手順については、下記をご覧ください。

WP Multibyte Patchのインストールと有効化

インストールについて

通常、インストール済ですので、『プラグイン』⇒『インストール済みプラグイン』をクリックします。
WPMultibyte Patch01

プラグインの有効化

一覧表のなからから、『WP Multibyte Patch』(おそらく一覧の末尾近くにあります。)のところの『有効化』をクリックして有効化します。
設定等は必要なく、以上で終了です。
WPMultibyte Patch02

※一覧の中に『WP Multibyte Patch』がない場合、
『プラグイン』⇒『新規追加』⇒『WP Multibyte Patch』を検索⇒インストール⇒プラグインの有効化
という手順により、インストールと有効化を行ってください。

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ