WP External Linksのインストール方法と使い方【動画解説】

サイト訪問者のユーザビリティを高めるためには、外部リンクは別タブで開くようにした方が好ましいです。

また、ほかのサイトにリンクパワーを与えてしまわないように、リンクにはrel=”nofollow”を追加しておくほうが良いです。

これらのことは、毎回外部リンクを貼るたびにいちいち設定するのは結構面倒なことではありますが、WordPressであれば、プラグインを利用することにより、この設定を自動化することが出来ます。

今回は、外部リンクに対しての各種設定を自動的に行うことができるプラグイン『WP External Links』のインストール方法と使い方について動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ネットビジネスでは、多くの場合、サイトを作成して、
記事を書くということが当然のように必要となります。

記事を書くということは、毎日のように行うことであり、
毎日のように行うことであるからこそ、無駄な時間は省き、
効率的に記事作成を行えるようにしたいものです。

そのためには、タイピングのスキルを向上させることももちろんですし、
下記の記事にあるようなプラグインを用いることも有効です。

TinyMCE Advancedのインストール方法と使い方【動画解説】

そして、これらのこととともに、
WordPressでの記事作成の効率を上げるために
おすすめしたいのが、今回ご紹介している
『WP External Links』というプラグインです。

記事を書く際には、外部リンクを貼るという機会が
生じてくることも多いでしょう。

そして、外部リンクを貼るという際には、
下記の2点に注意をする必要があります。

・nofollow属性を付加すること
・別タブで開くようにすること

nofollow属性を付加すること

この設定をせずに、外部リンクを送るということは、
リンク先に対してドメインパワーを渡しているということですので、
それを防ぐためには、nofollowにしておくのが良いのです。

別タブで開くようにすること

サイト閲覧者があなたのサイトの外部リンクを
クリックした際、別タブに開くようにしておけば、
サイト閲覧者は外部サイトを見た後に、あなたの
サイトにもう一度戻ってきてくれる可能性が高まります。

このことは、ユーザビリティを向上させる上、
あなたのサイトでの滞在時間を伸ばすことにつながります。

これらの設定を外部リンクを設置するたびに行うのは
なかなか面倒なことですし、忘れてしまうこともあります。

ですが、『WP External Links』を利用すれば、
自動的に外部リンクに対してこれらの設定を行ってくれるのです。

動画内ではより詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
WP External Linksのインストール方法と使い方【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ