WP-Copyright-Protectionのインストール方法と使い方【動画解説】

サイトを運営していると、記事の内容をまるまる他サイトに転載されることがあります。

きちんと引用タグを用いて、適切に引用してもらうのならよいのですが、悪質なサイト運営者は、まるで自分自身のコンテンツであるかのようにして他人の記事を掲載します。

このようなことがないように完璧な対策を行うことは難しいのが実情ですが、WordPressブログであれば、プラグインを導入すれば、ブログ上での右クリックを禁止することができるので、記事の盗用対策として一定の効果を得ることが出来ます。

今回は、コピー防止ブラグイン『WP-Copyright-Protection』のインストール方法と使い方について動画を用いて丁寧に解説していきます。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ビジネスの成功の秘訣は、価値あるものを届け続けることです。
価格以上の価値を提供し続ける限り、ビジネスで大きな失敗に至ることは基本的にはありません。

サイトを運営する際にも、サイトを訪れてくれた訪問者に対して、より役に立つようなコンテンツを作成していくことは大切なことです。
サイト訪問者は、サイトのコンテンツに価値を感じてくれれば、サイトやその運営者のファンになってくれます。

そして、リピーターになって何度もサイトを訪れてくれるようになれば、提供する有料コンテンツやサービスを購入してもらえるチャンスも広がるからです。

だからこそ、閲覧者の役に立つコンテンツは提供し続けることは大切なのです。

ですが、有益なコンテンツを提供し続けていると、他人に記事をコピーされて丸パクリされてしまうということもあります。

他人にパクられるということは、それだけよいコンテンツであるということであり、その点については、誇りに思っても良いのかもしれませんが、現実問題として、記事の盗用は困った事態です。

検索エンジンでは、近年コピーコンテンツ対策が進んできており、コピーコンテンツを掲載するサイトのインデックスを削除して検索結果に表示しないようにしたり、検索順位を下げるなどのペナルティを与えたりするようになっています。

しかしながら、検索エンジンも完璧ではありませんので、全く同じ記事が存在した時にどちらがオリジナルでどちらがコピーであるかの判断を誤ることもあります。

基本的には、時系列で先にインターネット上に公開された方がオリジナルであるはずですが、記事が掲載されるサイトのドメインの強さによっては、自身の投稿したオリジナル記事よりもコピー記事のほうが検索エンジンにインデックス(認識)されるのが早くなってしまうということもありえます。

この場合、記事を盗用したサイトのほうの記事(コピー記事)をオリジナルであると判断してしまい、本来のオリジナルである方の記事のインデックスを削除して、検索エンジンに表示されなくなってしまうということもありえるのです。

実際は、それほど単純ではないかもしれませんが、検索エンジンのプログラムも完璧ではありませんから、可能性としては十分にあることです。

特に動画や音声のようなコンテンツならまだしも、サイトに掲載している文章であれば、『右クリック⇒コピー』で簡単に内容をそのまま盗むことが出来てしまうのです。

このような事態を未然に防止するためのひとつの手段として、今回ご紹介しているWordPressプラグイン『WP-Copyright-Protection』を利用することは、手軽にできる割に一定の効果のあるものですから、ぜひ、動画をご覧いただきご活用いただければと思います。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
WP Copyright Protectionのインストール方法と使い方【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ