WordPress Ping Optimizerのインストール方法と使い方【動画解説】

WordPressでは、記事を保存する度にPing送信がなされてしまいます。

記事を公開するまでに、何度か書き直しをしたりしていて、保存するとそのたびに行われてしまうのです。

Pingはサイトを更新した情報を送信するものですが、過度に何度も送信されるとスパム扱いされてしまい、サイトの評価が下がってしまう可能性があります。

そこで、不必要にPing送信を行わないよう、記事の更新時のみPing送信を行うよう設定することができるWordPressプラグイン『Wordpress Ping Optimizer』のインストール方法と使い方について動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

そもそもPing送信というのは一体何のことでしょうか?

Ping送信とは、予め設定をしたPingサーバーに、
更新した記事の情報を送信することを言うものです。

このPing送信をすると、どういったメリットがあるのかというと

・インデックススピードが早くなる(検索エンジンに早く認識してもらえる)
・Ping送信先からユーザーが訪れてくれる
・Ping送信先から若干ながら、被リンクパワーをうけることができる

といったメリットがあります。

WordPressでは、元々、このPing送信を行う機能が
あるのですが、記事の保存や更新のたびに、その都度
Ping送信を行ってしまいます。

このため、何度も書き直したりしすると、不必要に繰り返し
Ping送信を行ってしまうことになります。

このようにむやみやたらとPing送信を行ってしまうと
スパム行為を行っていると判断されて、サイトの評価が
下がってしまうということもありえます。

そのため、むやみやたらと過度にPing送信を行わないように
抑制する必要があるのです。

Ping送信を抑制することは、ここでご紹介している
WordPressプラグイン『WordPress Ping Optimizer』
を使えば、とても簡単に行うことが出来ます。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
WordPress Ping Optimizerのインストール方法と使い方【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ