Tweetilyのインストール方法と使い方【動画解説】

WordPressでブログを運営していると、過去の記事というのは、後ろの方のページへと流れていってしまい、存在が埋もれてしまいがちです。

しかしながら、アクセスの底上げを行うためには、しっかりと過去記事も閲覧してもらえるような仕組み作りが必要です。

今回は、その方法の一つとして過去記事をランダムにTwitterでつぶやくことのできるWordPressプラグイン『Tweetly』のインストール方法と使い方について動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

WordPressは日記(ブログ)形式となっているため、
更新の日付が最近のものほど、前に表示される仕様です。

そのため、過去の記事は、次第に後ろのページへと
流れていってしまいます。

過去の記事であっても、もちろん、検索エンジン経由で
直接それらの記事へアクセスが来ることはあります。

しかし、せっかく作ったコンテンツは、
検索エンジン経由のみならず、様々な方法で
露出を高めていき、数多く閲覧されるように
していくことが大切です。

そのための方法としては、例えば下記のようなものがあります。

記事の末尾などへの関連記事一覧の表示
サイドバー等への人気記事一覧の表示
・グローバルメニューへの特定の記事の設置
・各記事のまとめページの作成
サイトマップの設置
・記事中からの他の記事への内部リンク掲載
・ソーシャルメディアの活用

これらはどれかだけを行うのではなく、
すべて活用するくらいのつもりで、
様々な方法を組み合わせることによって、
アクセスやページビューの底上げが期待できます。

そして、この中の一番最後、ソーシャルメディアを活用するために
有効な手段のひとつが今回ご紹介している『Tweetily』プラグインを
導入することなのです。

Twitterへの投稿を行うプラグインは、他には
WordTwit Twitter Pluginがあります。

これは、記事投稿時に、併せてツイッターへの投稿を行うもので、
新規記事をツイートする際には、これも便利なプラグインなのです。

それに対し、このTweetilyは過去記事を自動的に
ランダムでツイートしてくれるので、手間がかからず、
埋もれていた過去記事にアクセスを呼びこむことが出来ます。

動画内では、Tweetilyのインストール方法と使い方について
詳細かつ丁寧に解説していますので、ぜひご覧になってくださいね。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
Tweetilyのインストール方法と使い方【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ