週末や長期休暇時にはTODOリストを机上に置いておく 【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

リストに書き出し、何をするべきかを明確にしておくことは、目標達成のためにも仕事のスピードを上げるためにも大切なことです。

休暇明けなどの際には、休暇前にどんな仕事をすべきだったか忘れていることはありませんか。

特にお盆休み明けや正月休み明けなどであればそういったことは思い当たるのではないでしょうか。

何をすべきだったか思い出す時間というのも、積み重ねれば、相当な時間のロスとなり、ひいては不要な残業へとつながっていきます。

そこで、今回は、副業者のための本業で残業しない方法として、『週末や長期休暇時にはTODOリストを机上に置いておく』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

土日祝日や年末年始などの休暇時に、
仕事に来てみたら、どんな仕事をしなければならないかが
パッと出てこないことはありませんか?

それを思い出す時間もロスとなり、
仕事の効率を下げる要因になります。

また、しなければならない仕事を
忘れたままになってしまっては、それこそ問題です。

まあ、既にご紹介したトレーの活用術を取り入れていれば、
未処理や処理中のトレーを見れば、
現在抱えている仕事が漏れることはないとは思いますが。

しかし、長期休暇時には特に、頭がなまっている可能性がありますので、
念のため、確認の意味でも、箇条書きなど一覧できる形でTODOリストを
作っておくことは休み明けの仕事をスムーズに始めるために役立ちます。

私は、年末年始などの長期休暇時には、
休みに入る前にメモ用紙にTODOリストを箇条書きで作成し、
ノートパソコンに挟んで帰るようにしていました。

パソコンの中に、テキストファイルなどで
TODOリストを作成しておいてもよいでしょう。

こうすることによって、何に取り組むべきか忘れてしまって、
思い出すための不要な時間をなくすことが出来ます。

目標を実現するためにも、今するべきことに集中するためにも、
リストに書き出すという行為は大切なことです。

それほど、大したことを言っているようにも聞こえないでしょうし、
もしかしたら、当たり前のように実践されている方も多いかもしれませんが
こういった習慣をお持ちでない方は、効果絶大ですので、
一度取り入れてみてはいかがでしょうか?

何をするのかを思い出す時間というのも積み重ねれば、
結構な時間の浪費につながります。

リストに書き出す習慣を身に付け、不要な時間の浪費をしないようにすれば、
不要な残業を減らすことに大いに役立ちます。

そして、不要な残業をせずに済むようになれば、
ささっと帰宅して、副業ネットビジネスに取り組む時間にあてましょう。

本業の仕事で本来不要な仕事をして無駄に過ごすよりも、
あなたの人生にとって役立つ、収入アップや夢の実現につながるような
活動に時間を使うようにしていきましょう。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ