定型文を使いこなす 【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

いつも同じことを何度もしているのなら、なんとかして自動化・省力化できないかと考えることが大切です。

自動化や省力化はビジネスを運営する上でも、利益を最大化させるために大切な視点ですが、この考え方は本業で不要な残業をしないためにも役立ちます。

具体的には、仕事上の文書やメール等でよく使う文面があれば、ツールや日本語変換ソフト等に登録をして、簡単にその文面が呼び出せるようにしておけばよいのです。

今回は、副業者が本業で残業しない方法として、『定型文を使いこなす』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

文書やメールの文面を作成する時にたいてい、
決まり文句のようなものを使用すると思います。

ビジネスメールであれば、

「いつもお世話になりまして、ありがとうございます。」
「このたびはお問い合わせをいただき、まことにありがとうございます。」

などといった文章です。

職場によって、文面は違うでしょうが、
多くの場合、似たようなものがあると思います。

また、文頭だけでなくとも、
何かしらのよく使う言い回しというものがあると思います。

もし、普段、毎回毎回、それらをイチから入力しているのであれば、
定型文として保存しておくことをおすすめします。

長文であればあるほど、定型文を保存しておくメリットは大きいはずです。

メールソフトによっては定型文を登録できる機能のあるものもありますし、
他にも定型文を登録する機能のついているフリーソフトや、
日本語変換ソフトで登録する方法もあります。

それらの使用方法については、それぞれのマニュアルやヘルプなどを
参照していただければよいのですが、そこまでしなくても、

テキストファイルやワードファイルなどに保存して、
コピーをするだけでもよいのです。

いつもよく使うような文面が長文であればあるほど、
利用頻度が高ければ高いほど、文面を定型文として登録しておく
メリットというのは大きく、それにより、
節約できる時間も積み重なるほど膨大なものとなっていきます。

こういった機能を使いこなすことにより、
不要な残業を減らすことが出来ます。

不要な残業を減らすことにより、生み出された時間は
副業ネットビジネスのための作業時間にあてて、

そして、こういったテクニックは、
ネットビジネスに取り組むにあたっても
有効なものですので、ぜひ活用してみてください。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ