定時で必ず帰るのが当たり前という雰囲気を出す【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

副業に取り組んだり、将来の独立起業に向けてビジネスの勉強に取り組もうとしても、本業の仕事が忙しく残業続きではなかなか作業時間を確保することが出来ません。

そこで、必要となってくるのが、本業の仕事を効率化してできるだけ定時で帰るということです。

今回は、会社で残業しないための仕事術として、『定時で必ず帰るのが当たり前という雰囲気を出す』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

残業続きの会社を定時で帰ろうと思っても
それまで毎日のようにしていた残業をいきなりなくすのは、
大変なことです。

しかし、徐々にであっても、仕事のやり方や考え方を
見直すことによって、次第に残業を減らしていくことが出来ます。

毎日毎日残業していると、それが当たり前の状態になってしまいます。
これは、自分自身にとっても、そうですし、
上司や同僚等の会社の周囲の人からしてもそうです。

つまり、自分自身、残業すること前提で、仕事をすすめてしまいますし、
周囲も、今日も当然残業して仕事を片付けるのだろうと期待して接してきます。

特に、いつも残業していて、周囲の同僚たちも残業している状態だと
『今日も当然残業するだろう』という期待は、重くのしかかります。

しかし、この状態は好ましいことではありません。

残業が当たり前になっていることによって、
例えば、仕事の定時直前に、急ぎの仕事を上司から頼まれたり、
同僚の無駄口に付き合わされたりしてしまうようなことがあるからです。

残業が当たり前となっている職場であっても、
あなたまでその『当たり前』に合わせる必要はありません。

たとえ、周囲がどうであれ、あなただけは、
『残業しないことが当たり前』という態度をとってください。

直接的に面と向かって、上司や同僚に
『残業しないことが当たり前』ということは、
別に主張する必要はありません。

残業しないために、

・整理整頓等の業務効率の改善を試みる
・早朝出勤して仕事を片付ける
・昼休み返上で仕事をする
・周囲の無駄口に極力参加しないようにする
・仕事時間中、しっかりと集中する

といったことをするなどして、
誰の目から見ても、『あくまでも残業したくないんだな』
と思われるような形で仕事に対して向き合えば良いのです。

『残業しないのが当たり前』ということを
面と向かって周囲に主張すると、変なやっかみをうけたりする
ことがあるかもしれませんが、態度で示すことによって、
そのような事態を防ぐことが出来ます。

誰の目からみても、明らかなくらい、やるべきことをきっちりやって、
その上で、『お先に失礼します!』と元気よく帰るのです。

同僚から
『帰ってから、何してるの?』
と聞かれることがあるかもしれません。

これは、私もよく聞かれました(笑)

そのときも別に何もいう必要はありません。
適当にごまかしておけばよいでしょう。

そもそも、誰にだって、人に話さない秘密なんてあるものです。

それにもかかわらず、事情を知らないがために、
多くの人は好き勝手なことを言います。

愛想の悪い人だと思って、批判していたら、
実は、家族や恋人をなくして落ち込んでいたと
いうことだってあるのです。

付き合いの悪い人だと思って、批判していたら
実は、親や障がいを持つ子供の介護疲れに
悩んでいたということだってあるのです。

言わないだけで、誰にだって色々あります。

多面的なものの見方をすることのできる人が
職場に一人でもいれば、わかってくれるはずです。

やるべきことをやっているのなら、
誰にも文句をいわせる必要はありません。

大多数の人間は、周囲と同じことを好みます。
そして、同じでないものを阻害します。

周りが残業している中、一人だけ残業せずに
帰るということは、周囲から浮く行為ですので、
場合によっては、何か陰で言われることもあるかもしれません。

たとえ、そのようなことがあっても気にする必要はありません。
そもそも、本業と平行して副業をしていたり、
将来の起業を目指してビジネスの勉強をしたりするということは
全体から見たら少数派であり、その時点ですでに『変わり者』なのです。

変わり者であることを喜びましょう。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ