ロボフォーム(パスワード管理ソフト)のインストール方法と使い方【画像解説】

ネットビジネスをしていると様々なサイトのIDやパスワードを管理していくことになります。

WordPressやサーバーなど、パスワードを必要とするサイトやサービスがたくさんあるからです。

そのようななか、いちいち何度も複数のサイトにログインしたり、パスワードを忘れてしまったりしては積もり積もって結構なロスになってしまいます。

今回は、そのようなロスやパスワードを忘れる危険性を劇的に減らすことができるパスワード管理ソフトであるロボフォームのインストール方法や使い方について画像を用いて丁寧に解説していきます。

ロボフォームのダウンロード

ロボフォーム公式サイトを開く

検索エンジンで「ロボフォーム」と検索して検索結果をクリックするか、下記のリンクをクリックすることによってロボフォーム公式サイトを開きます。
ロボフォーム公式サイト
roboform1

「ダウンロード」をクリック

roboform2

「ファイルを保存」をクリック

roboform3

ロボフォームのインストール

インストーラーの起動

ダウンロード先を開き実行ファイルをダブルクリックして、インストーラーを起動します。
roboform4

「次へ」をクリック

roboform5

ロボフォームを組み込むブラウザを選択後、「次へ」をクリック

roboform6

「インストール」をクリック

roboform7

「インストール」をクリック

ここで、特定のプログラムを閉じるよう指示があったときは、指示に従い、当該プログラムを閉じます。
roboform8

ロボフォームデータの保存方法を選択し、「次へ」をクリック

ロボフォームには下記の2つのデータ保存方法があります。
・エブリウェア・・・ロボフォームのデータはパソコンとオンラインの両方に保存されます。
・デスクトップ・・・ロボフォームのデータはパソコンのみに保存されます。
roboform9

ID・パスワード等を入力し、「次へ」をクリック

roboform10

マスターパスワードを入力し、「次へ」をクリック

このマスターパスワードがロボフォームを利用する際に必要なパスワードとなります。
個別のパスワードはロボフォームに登録さえしていれば、忘れてしまっても問題なくログインできますが、このマスターパスワードを忘れてしまっては元も子もありませんので、忘れないよう厳重に管理します。
roboform11

「次へ」をクリック

roboform12

インストールの完了

インストールが完了し、ブラウザが起動します。
ブラウザ内にロボフォームツールバーが追加されているのが確認できます。
roboform13

ロボフォームの使い方

ロボフォームへのパスワードの登録方法

まず、ロボフォームにパスワードを覚えさせたいサイトのログイン画面を開き、実際にログインします。
roboform14


ログインが完了し、ロボフォームツールバーの下に、ログイン情報の保存の有無を問うメッセージが表示されますので、ここで「保存」をクリックします。
roboform15

ロボフォームにログイン情報を保存したサイトを開くと・・・

ロボフォームにログイン情報を保存したサイトを開くと、ロボフォームツールバーのところに、当該サイトへのログインメニューが表示されます。
これをクリックすると一瞬でログインが完了します。
roboform16

他サイトを開いているときでも・・・

他のサイトを開いているときでも、ロボフォームツールバーの「ログイン」メニューからパスワード保存済のサイトを選択すると、そのサイトを開くと同時に一瞬でログインが完了した状態になります。
roboform17

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ