Password Protectedのインストール方法と使い方【画像解説】

ネットビジネスに取り組んでいくにあたり、メルマガ読者しか閲覧できない記事やサービスの購入者のみが閲覧できるサイトなどを作っていくことがあります。

そのような場合には、誰でも閲覧できることのないよう、記事やサイトにパスワードをかけるようにすることが必要です。

エックスサーバーであれば、サーバー側の設定でパスワードをかけることも可能ですが、もし、WordPressを利用しているのであれば、プラグインを導入することにより、簡単にサイト全体にパスワードをかけることが出来ます。

今回は、サイト全体にパスワードをかけることのできるWordPressプラグイン『Password Protected』のインストール方法と使い方および記事毎にパスワードをかける方法について画像を用いて丁寧に解説していきます。

Password Protectedでできること

会員限定などのコンテンツとして、サイト全体にパスワードをかけることは、WordPressブログであれば、『Password Protected』プラグインを下記の手順により導入、設定することにより、非常に簡単に行うことが出来ます。

また、あわせて、特定の記事にパスワードをかける方法についても解説していきます。

Password Protectedのインストール

WordPressへのログインとプラグインの新規追加

WordPressにログイン後、『プラグイン』⇒『新規追加』をクリックします。
PasswordProtected00

検索窓に『Password Protected』と入力し、Enterキーを押します。
PasswordProtected01

表示された検索結果の『Password Protected』のところの『いますぐインストール』をクリックします。
PasswordProtected02

『OK』をクリックします。
PasswordProtected03

プラグインの有効化

『プラグインを有効化』をクリックします。
PasswordProtected04

WordPressブログにパスワードをかける設定の仕方

『Password Protected』プラグインでは、サイト全体にパスワードをかけることもできます。
特定に記事だけにパスワードを個別にかける方法については後述します。

サイト全体にパスワードをかける設定方法

サイト全体にパスワードをかける場合、『設定』⇒『Password Protected』により、プラグインの設定メニューから行えます。
PasswordProtected05

1.『Password Protected Status』・・・『Enabled』にッチェックを入れます。これにチェックを入れることにより、パスワードをかける設定が有効になります。
2.『Protected Permissions』・・・管理者やログインユーザーのパスワード入力を不要とする場合、必要に応じてチェックを入れます。
3.『New Password』・・・任意のパスワードを2回入力します。(2回ともおなじもの)
4.『変更を保存』・・・設定が完了したら、『変更を保存』ボタンをクリックして設定内容を保存します。
PasswordProtected06

サイト全体にパスワード設定が有効になっているか確認

実際に、パスワード設定が有効になっているか、サイトを開いてみます。
当サイト(http://inoeita.com)を開いていみると、下記のような画面になり、パスワード入力を求められました。

この状態で、先ほど設定したパスワードを入力して、『Log In』をクリックするとログインが可能となります。
PasswordProtected07

特定の記事のみにパスワードをかける場合

特定の記事のみにパスワードをかける場合、記事の投稿画面から設定を行います。
記事の投稿編集画面を開き、画面右上の『公開』のところを下記のように設定します。

1.『公開状態』のところをクリック
2.『パスワード保護』をチェック
3.任意のパスワードを入力
4.『OK』をクリック
5.『更新』をクリック
PasswordProtected08

特定の記事へのパスワード設定が有効になっているか確認

実際に、特定の記事へのパスワード設定が有効になっているか、先ほど設定した記事を開いて確認してみます。
実際に開いてみると、記事を閲覧するのにパスワードを求められ、正しく設定されていることが確認できました。
PasswordProtected09

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ