No Self Pingsのインストール方法と使い方【画像解説】

ワードプレスでは、サイトに対してリンクを貼ったということを自動的に通知する「ピンバック」という機能があります。

この機能は、サイト運営者にとって便利な機能ではあるものの、自分のサイト内でのリンク、つまり内部リンクにまで働いてしまいます。

このことを『セルフピンバック』というのですが、内部リンクを用いて記事を書くことは普通によくあることですので、自分の記事を更新する度に、さながらスパムのように通知が来て面倒です。

そこで、今回は、このセルフピンバックを行わないようにするワードプレスプラグイン『No Self Pings』のインストール方法と使い方について画像を用いて丁寧に解説していきます。

No Self Pingsを導入の意味と必要性について

『セルフピンバック』により、ワードプレス管理画面のコメントを知らせるメニューには、下記のように一見して意味不明なコメントが投稿されてしまいます。
NoSelfPings00

また、ピンバックがあったことを知らせるメールもその都度届くため、結構鬱陶しいものです。
NoSelfPings01

No Self Pingsを用いれば、このような事態を防ぐことができます。
以下では、その具体的な方法について解説をしていきます。

No Self Pingsのインストール

WordPressへのログインとプラグインの新規追加

WordPressにログイン後、『プラグイン』⇒『新規追加』をクリックします。
NoSelfPings02

検索窓で『No Self Pings』と入力し、Enterキーを押します。
NoSelfPings03

検索結果に表示された『No Self Pings』のところの『いますぐインストール』をクリックします。
NoSelfPings04

『OK』をクリックします。
NoSelfPings05

プラグインの有効化

『プラグインの有効化』をクリックします。
※特に設定等を行う必要はなく、これでセルフピンバックが行われなくなります。
NoSelfPings06

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ