職場の人間関係を良好にする【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

残業せずに定時で帰るためには、職場の人間関係が良好であることが必要です。

一見すると、関係のないことのように思いますが、実は重要な事ですので、残業しないためには、人間関係にも注意しなければなりません。

今回は、副業者が残業しないための方法として、『職場の人間関係を良好にする』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

残業せずに定時で帰るために、
職場の人間関係をなぜ良好にするべきかというと
その理由は、下記の通り3つあります。

1.仕事の効率を下げないため
職場の人間関係がよくないと、
連絡不足や連携不足のためには、思わぬミスや
非効率を招いたりすることがあります。

例えば、人間関係がよくないことを起因として、
クライアントとのアポイントに関する日時の
伝言がうまく伝わっておらず、約束をすっぽかしてしまうことが
あったとすれば、そのリカバリのためには、
余分な仕事をしなければならず、ひいては残業につながります。

2.仕事の効率を上げるため
人げ関係が良好だと、いざというときに
助けてもらえる可能性もあります。

仲が良い同僚には、仕事の一部をお願いすることも
出来るかもしれませんし、頼まなくても
何らかの便宜をはかってくれることもあります。

3.定時で帰ることの理解を得るため
なかなか残業がなくならない理由の一つとして、
『付き合い残業』の問題があります。

周囲の同僚が残業しているから、一人で帰ることに恐縮して
残ってまでする仕事はなくてもなんとなく残業してしまう
ということです。

これが当たり前の職場では、周囲が残業している中、
ひとりだけ定時帰宅すると白い目で見られてしまうことがあります。

しかしながら、人間関係が良好であれば、
定時で帰ったとしても、理解してくれますし、
もし、理解を示さない人が何か言ってきても味方をしてくれることでしょう。

では、職場の人間関係を良好にするためには
どういったことをすればよいのでしょう。

そのためには、以下の様なことに注意する必要があります。

・あいさつをきちんと言う
『おはようございます』
『こんにちは』
『お先に失礼します』
などの挨拶をきちんと言いましょう。

挨拶は、人間関係の基本です。

・頑張る
人は頑張っている人を見ると
健気さを感じ、応援したくなるものです。

・感情を見せる
人は、感情により心身ともに動かされます。
普段はクールな人も、時々は、感情を見せることによって、
より興味深い人間的な人だと思われるようになります。

・約束やマナーを守る
約束を守らないようないい加減な人間は
当然、信頼されません。

また、自分の立場や場所をわきまえた適切な
マナーを守ることができることも大切です。

・相手に興味を持つ
『さすが!』
『知らなかった!』
『すごい!』
『詳しく教えて』

などといった言葉を会話の中に入れると、
相手は関心を持ってくれていることが嬉しくなり
逆にこちらに感心を持ってくれるようになります。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ