ネット銀行口座の比較とおすすめ【ネットビジネス個人編】【動画解説】

ネットビジネスに取り組む上では、ドメイン利用料やサーバー利用料、各種ツールの利用料などといった経費が発生します。
また、収益が発生すれば銀行口座に入金してもらうこととなります。

このように当然ビジネスである以上お金の出入りが発生しますので、その流れを把握するためにもネットビジネス専用の口座をプライベートの銀行口座とは別に持っておきたいものです。

そこで、今回は、ネットビジネスをするに際してオススメのネット銀行口座について各銀行を比較しながら動画で丁寧に解説してきます。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ネットビジネスを行う上では、様々な支払いが発生します。
例えば、

・ドメインの利用料
・サーバーの利用料
・各種ツールの利用料
・ASPの登録料
・パソコンやパソコン周辺機器の購入代金
・ビジネスの勉強のための書籍代

などがあります。

また、ネットビジネスで発生した報酬を受取る際には
その報酬を受け取るための銀行口座が必要です。

もちろん、場合によってはコンサルティング代金などは
現金で受け取ることもあるかもしれませんが、
経理を明瞭に行うためにも、できれば銀行口座に入金してもらったほうがよいです。

このようにネットビジネスでは様々なお金の出入りが発生します。
(とはいえ、実業に比べたらまったくもって少ない出入りですが)

きちんと利益をだすためにも、お金の出入りはきちんと把握しておきたいものです。
そこで、ネットビジネスにしっかり取り組むと決めたら、
普段プライベートで使っている銀行口座とは別にネットビジネス専用の口座を作ることをおすすめします。

今回の動画ではネットビジネスに使用するための
オススメのネット銀行口座を比較しながらご紹介しています。

詳細については動画内でご説明していますが、
ネット銀行口座を選ぶ際には下記のようなポイントに注意するとよいでしょう。

1.近所に利用できるATMがあるか

お金の入出金する際には、振込によるのでなければ、ATMを利用して行います。

無駄に時間をロスすることなく、効率よく事業に取り組むためには、
自宅や事務所の近所にATMがあるかどうかを考慮すると良いです。

今回ご紹介している銀行はいずれもコンビニATMに対応しているため、
近所にある可能性が高く、利用時間帯の制限もほとんどないため、おすすめできます。

2.入出金や振込の際の手数料はどうか

ATMで入出金を行う際の手数料や振込を行う際の手数料にも着目します。
ネット銀行の個人口座は手数料を優遇しているところが多いですから、
利用形態に合わせて、手数料のできるだけかからないところを選びましょう。

今回ご紹介しているネット銀行は下記のとおりです。
住信SBIネット銀行
新生銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

詳細については動画を御覧ください。
時間のない方向けに下記のとおり、比較表の画像を掲載しておきます。
ネット銀行個人口座比較表

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ