画像にモザイク処理をかける超お手軽簡単なフリーソフト【画像解説】

サイトやブログを運営していれば、画像にコンテンツとして、画像を挿入することがあります。
そういった際に、プライバシー等への配慮からモザイク処理が必要なことがあります。

今回は、モザイク処理に特化した便利なフリーソフトのダウンロード方法と使い方について、画像を用いて詳しく紹介していきます。

画像にモザイク処理をかけるフリーソフト

GIMP等、他の画像加工ソフトでももちろん、モザイクをかけることは出来ますが、今回ご紹介する方法では、『MoZA』というフリーソフトを使います。
モザイク加工を施すことに特化したフリーソフトですので、とても簡単に意図する場所にモザイク処理を行うことが出来ます。

「MoZA」のダウンロード

今回ご紹介するフリーソフトは「MoZA」というソフトです。
まずは、ダウンロードサイトからダウンロードをします。

ダウンロードサイトを開く

検索エンジンで「moza vector」と検索し、表示されたサイトをクリックするか、または下記リンクをクリックして、ダウンロードサイトを開きます。
MoZAダウンロードページ
moza1


「ダウンロードページへ」をクリックします。
moza2


「今すぐダウンロード」をクリックします。
moza3

ソフトのダウンロードと解凍

MoZAのダウンロードが自動的に始まりますので、「OK」をクリックします。
ダウンロードが始まらない場合は、「こちらをクリックしてください。」をクリックします。
moza4


ダウンロード先を開き、ダウンロードされたzipファイルを圧縮解凍ソフトで解凍します。
moza5

「MoZA」の使い方

MoZAの起動

解凍して出力されたフォルダをダブルクリックします。
moza6


フォルダの中にある実行ファイルをダブルクリックし、MoZAを起動します。
moza7

画像の登録

起動したMoZA上に、モザイク処理をかける目的の画像をドラッグ&ドロップをして、画像を登録します。
moza8


MoZA上で、読み込んだ画像が表示されました。
moza9

MoZAでのモザイク処理のかけ方

モザイクをかけたい場所をドラッグ(左クリックを押したままなぞる)します。
すると、ドラッグした範囲がピンク色に反転します。
moza10

ファイルの保存

モザイク処理が完了しました。
モザイク処理後の画像を出力するため、「ファイル」「指定形式で保存」をクリックします。
moza11


ファイル名をつけ、出力したい画像ファイルの種類(jpg,gif,png等様々な形式に対応)を選択し、「保存」をクリックします。
moza12


処理後の画像が保存されました。
なお、MoZA内の「モザイク」メニューからモザイクのピクセル(細かさ)やモザイクをかけるブラシの大きさを変更することができます。
moza13

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ