【成功するためのマインドセット】余裕を持ってとりかかる【動画解説】

学生時代の夏休みの宿題では、余裕を持ってとりかかる人と、夏休み終了間際になってかとりかかる人とがいます。

ビジネスにおいても、同じことですが、成功できる人になりたければ、余裕を持ってとりかかる人になるべきです。

今回は、成功するためのマインドセットとして、『余裕を持ってとりかかる』というテーマについて動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

何事も余裕をもってとりかかる人と
ぎりぎりになってとりかかる人とがいます。

この中間はあまりなく、
不思議なもので、どちらかに分類されるように思います。

ビジネスにおいても、もし成功したいのであれば、
余裕を持ってとりかかることをおすすめします。

余裕を持ってとりかかる意味は、
予定外の用事や予定外の体調不良など
予定外の事態に対応するためです。

また、
余裕を持ってとりかかることにより
より質の高いものを生み出せるということもあります。

なぜなら、余裕を持ってとりかかり、
期間を長く取ることができれば、
より多くの反応をもらうことができるため、
改善点などを何度も吟味して、
よりよりものへと仕上げていくことができるからです。

確かに、
絶対的な締め切りを目前に発揮される集中力には
凄まじい物があります。

期限間近に夏休みの宿題をするとき
学校の先生に怒られるとか、成績に響くとかいった
ペナルティが嫌なものであればそれだけ、
素晴らしい集中力が発揮されます。

しかし、
そもそも人間の物理的限界を超えるようなあまりにも
短い期間しか残されていなければ、そもそも、
期間内に達成することが出来ません。

また、たとえ、間に合わせることができたとしても、
所詮は「やっつけ仕事」になってしまい、それなりの
低品質なものしか残すことが出来ません。

何か予想外の出来事が降りかかってくれば、
たちまちに達成は困難になってしまいます。

体調を崩しても休むことすら出来ませんし、
何とか身体に無理をさせて、達成することができたとしても、
結果として、体調を崩してしまい、次の目標へと
向かっていけません。

成功をつかむためには、成功へと近づくための
行動を継続していくことが大切です。

短期決戦の集中力に頼ることもときには必要ですが、
体調を崩したりすることのないよう
何事も、余裕を持ってとりかかるようにしましょう。

動画内では
より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


2 Responses to “【成功するためのマインドセット】余裕を持ってとりかかる【動画解説】”

  1. フッキー より:

    井野さん、おはようございます。
    フッキーです。はじめまして。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    余裕をもってとりかかるって大切ですね。

    ブログ記事更新でも、さぁ書くぞでネタから考えるんじゃなくて、パソコンの前に座るまでに、どんなネタを書くかを考えていくだけでも、記事スピードが全然違いますからね。今回記事テーマはとても解り安くて、勉強をさせて頂きました。

    応援してます。

    • 井野 瑛太 井野 瑛太 より:

      フッキー様

      コメントありがとうございました。

      おっしゃるとおりですね。
      記事のネタを普段の生活の中から意識しておくことは私も大切だと思います。

      応援有り難うございます。
      私もフッキー様を応援させていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ