【成功するためのマインドセット】謝罪の安売りをしない【動画解説】

特に悪くもない謝るべきでもない場面で、やたらと謝罪をしている人がいます。

謝罪すべき場面で、謝罪ができない人は、人間として問題がありますが、必要でない場面でやたらと謝るということも避けるべきです。

今回は、成功するためのマインドセットとして、『謝罪の安売りをしない』というテーマについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

「ごめんなさい」
「すみません」

この言葉が口癖のようになってしまっている人がいます。

別に謝る必要のないような場面でも、やたらと
「ごめんなさい」
「すみません」
を連発するのです。

これは、いわば『謝罪の安売り』とも言えるような行為です。
謝罪は、適切な場面で使うからこそ、重みがあるのであり、
それを連発してしまうと、謝罪の重みさえも失われてしまいます。

このような謝罪の安売りをする人というのは、
「嫌われてくない」
「認められたい」
という自信のなさの裏返しとして、このような行動にでます。

これは、自分自身のステージの低さを露呈することに他ならず、
謝罪の安売りは避けるべきです。

このように言うと、一切謝ることをしない人も出てきそうですので、
確認しておきますが、何も一切謝るなと言っているのではありません。

適切なタイミングで謝ることができない人間は
常識を疑われ、嫌われてしまうことでしょう。

謝る必要のないときにまで、過度に
「すみません」「ごめんなさい」は
言う必要がないというだけのことです。

ここで、謝罪の安売りをされた相手の気持ち
を考えてみましょう。

おそらく、謝らなくてもいい場面で、
やたらと謝られた相手は、謝られすぎて気分が滅入ってしまいます。

また、謝ってきた相手のステージの低さを見透かすことでしょう。

ここで、謝罪の安売りを今すぐやめて、相手に一目置かれる
簡単な方法がありますので、ご紹介します。

今まで言ってきた「ごめんなさい」「すみません」
を「ありがとう!」に変えればよいのです。

「~してもらってすみません」
だったら、
「~してもらってありがとう!」
といえばよいのです。

たったこれだけのことで、
相手の気分もよくなり、『きちんとお礼がいえるヤツ』
として、一目置いてもらえることでしょう。

動画内では
より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ