会議や面談の前日に確認メールを入れる【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

スケジュール管理は、仕事をする上で大切なことです。

自分自身で、漏れのないよう適切にスケジュール管理に努めねばなりません。

しかしながら、他人には期待してはいけません。スケジュールを忘れてすっぽかされることなどよくあることなのです。

今回は、副業者が残業しないための仕事術として、『会議や面談の前日に確認メールを入れる』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

会議や面談などの際に、
相手方にすっぽかされることは、
大変なロスを伴います。

一日かけて遠方まで出張して、
すっぽかされてしまっては、その一日が
まるごと無駄になってしまいます。

スケジュール管理は、ビジネスマンにとって、
基本とも言える重要事項です。

しかしながら、
スケジュール管理を意識していない一般顧客や
過密スケジュールで忙しくしている相手であれば、
『うっかり』忘れてしまっているということはよくあるのです。

会議や面談などをすっぽかされると、
現地に赴いた時間が無駄になるだけでなく、
再度、日程や会場の調整を一からしないといけなくなります。

こういった事態を未然に防ぐためには、
多少の手間はかかっても、事前に、会議や面談の
約束のことを確認をしておくべきなのです。

事前確認を行うのは、基本的に前日がよいでしょう。
当日では、手遅れになってしまうかもしれませんし、
あまりにも前過ぎると、結局確認をしても、当日には
すっぽかされてしまうということがありえます。

そして、手段としては、メールでよいと思います。

電話であれば、必ずしも、目的の相手にスムーズに
つながるかわかりません。
場合によっては、本来の目的を伝えるだけでなく、
話が別の方向に脱線して、必要以上に時間がかかってしまうかもしれません。

場合によっては、電話が適切な場合もありますが、
『明日の会議よろしくお願いします』程度の文面で良いのですから、
メールを送るのにもそれほど手間はかかりません。

念押しのための確認で、考えようによっては、
本来そこまでしなくてもよい位のものですから、
できるだけ、時間をかけずにさくっと行うようにしましょう。

あわせて、必要な持ち物や、会議や面談の目的なども
記載しておくと、会議や面談を有意義なものとするためにも
よいでしょう。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ