自分の力を過大評価しない【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

定時で仕事を終えて帰宅できるようにするために、計画や目標を立てて取り組むことは大切です。

計画や目標を立てて取り組むことにより、段取り良くスピード感を持って仕事を行うことができるからです。

しかしながら、計画や目標を立てる際には、自分の力を課題評価しないということも意識しておく必要があります。

今回は、副業者が残業しないための仕事術として、『自分の力を過大評価しない』ということについて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

何も考えずに、仕事にがむしゃらに取り組んでいると
仕事の効率を上げることは難しいものです。

たとえば、がむしゃらにとりくんだ結果、
仕事の性質に応じた適切な時間帯を意識せずにいると
集中力や思考力が必要な仕事を疲れきった状態でおこなったり、
集中力のいらない簡単な作業をまだ集中力や思考力がある
余裕のある状態で行ったりすることになります。

あるいは、ある程度の固まった時間集中して取り組むべき仕事を
電話や来客の多い時間帯に行ったりすることになります。

このような状態は、非効率的であり、
労働時間の長時間化につながり、結果として、
残業をしなければならないことになるのです。

このようなことがないように、
現在抱えている仕事や今後発生する仕事のみ込みを立て、
計画的に仕事に取り組んでいくことが大切なのです。

また、冒頭でも言ったとおり、計画を立てることによって、
計画を順守するための危機感が働き、
仕事のスピードが向上するという効果もあります。

ただし、計画をたてるときには、注意点があります。

それは、自分の力を過大評価しないということです。

計画を立てるときには、やる気満々なので、
多くの場合、自分がスーパーマンになったかのような
膨大な量の計画を立ててしまいます。

しかしながら、実際には、必ずしも予定していた集中力が
1日中続く事が無かったり、予定外の仕事が急に入ったりして
思うように行かないことも多いのです。

あまりにもタイトなスケジュールで計画を立ててしまうと、
このような予想外の事態による仕事の遅れをリカバリするために、
残業しなければならなくなるということもありえます。

ですから、計画を立てる際には、
冷静になって、自分を過大評価しすぎないように
注意することが必要なのです。

自分に高いハードルを課し、より厳しい環境に身をおく
ということも時には必要なことではありますが、
それは、慣れてきてから、徐々にハードルを上げて
行くようにすればよいのです。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ