嫌な仕事は午前中に終わらせる 【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

人間、どうしても嫌なものほど、後回しにしてしまいがちです。

この後回しグセというのが、実は、定時で仕事を終えることが出来ず、残業しないといけなくなるという事態を引き起こします。

今回は、副業者のための本業で残業をしない方法として、『嫌な仕事は午前中に終わらせる』ということのついて、動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

誰しも、気のすすむ仕事と気のすすまない嫌な仕事とがあるものだと思います。
例えば、苦手なクライアントに電話をしたり、
嫌な上司に報告をしたりすることなどは嫌な仕事といえるでしょう。

私も元来、嫌な仕事は後回しにしてしまいがちな性分なのですが、
思い切ってやってみると「案ずるより産むが易し」とはよく言ったもので、
やってみると大したことなかったなということが多いのです。

大したことないのであれば、思い切って早めにやってしまったほうが良いです。

特に午前中のうちに終わらせておくと、
午後の時間、いらぬ心配に気を回さずに
他の仕事に専念することができます。

また、たとえ午前中の内に終わらせることができず、
より面倒な事態に発展してしまったとしても、
午後の時間をその対処に当てることができます。

もし、嫌な仕事に夕方から取り掛かれば、
必然的に時間外に食い込み、残業をしなければならないかもしれませんし、
午後一番に取り掛かっても、より面倒な事態に発展すれば
やはり時間外勤務を余儀なくされることもあるかもしれません。

ここまで、嫌な仕事を1日の内の早いうち、
特に午前中に終わらせることが有益であることを述べましたが、
これはもう少し長いスパンで考えても当てはまることです。

嫌な仕事ほど後回しにしてしまいがちですが、
「やっぱり明日にしよう」、「やっぱり明日にしよう」と後回しにしている内に、
もう翌日には持ち越せず対応しなければならないリミットがくれば、

やはり最終的には
時間外勤務をしなければならないところまで追い詰められてしまいます。

特に後回しにするほど、問題が大きくなってしまい、
対応に、より労力を要することになってしまうこともあるでしょう。

(逆に後回しにしている内に、いつの間にか問題が解消し、
後回しにしていた嫌な仕事をする必要がなくなることも稀にあるかもしれませんが。)

気のすすまない嫌な仕事程、
より面倒な事態に発展する可能性をはらんでいますから、
前倒しで先手を打って、取り掛かっておくことが必要なのです。

できるだけ残業をせずに帰宅するためには、必要な考え方だと思います。
嫌な仕事を、思い切って午前中に終わらせるようにして捻出された時間は、
将来のため、収入アップのため、副業ネットビジネスにとりくみましょう。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ