Googleウェブマスターツールの登録方法【動画解説】

アフィリエイトを始めとしたネットビジネスでは、基本的には、ホームページを作成して運営してくということになります。

ホームページに来てくれる訪問者を増やしたり、より成約率を上げるためには、サイトの分析が欠かせません。

そのためには、Googleウェブマスターツールを導入する必要がありますので、今回は、Googleウェブマスターツールの登録方法について、動画を用いて丁寧に解説していきます。

Googleウェブマスターツールに登録するためには、
グーグルアカウントが必要です。
グーグルアカウント未取得の方は、下記記事を参考に先に取得してください。
Gmailのメールアドレスの取得方法【動画解説】
忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

ネットビジネスをしているからには、
基本的に、ホームページ(サイト、ブログ)を
運営していくことは避けられません。

力をいれて、運営してくホームページであれば、
Googleウェブマスターツールに登録することは必須だと言えます。

Googleウェブマスターツールは、
検索エンジンを牛耳っているGoogleの運営するサービスだけに、
そこからは様々な情報が得られます。

また、ホームページに何か問題がある場合なども、
警告メッセージなどで知らせてもらえます。

Googleウェブマスターツールでは
例えば、下記のようなことが行えます。

1.サイトにクローラーを呼び、インデックスを促進することができる

検索エンジンにホームページを表示されるためには、
そもそも、検索エンジンにそのページの存在を認識させる必要があります。

クローラーとは、検索結果に表示する等するために、
様々なページの情報を収集して回っている、ロボットのようなもので、

インデックスとは、そのロボットに
ページが存在していることを認識されることです。

Googleウェブマスターツールに登録することで、
このように、自分のホームページに検索エンジンのロボットに来てもらい、
更新したページ等が存在していることを認識させることができるのです。

2.どんなキーワードで表示されているかがわかる

ホームページに訪問者が訪れる場合、
その多くは、検索エンジン経由で訪れるのが一般的です。

何か調べたいことがあり、検索エンジンで
検索窓に検索語句を入力して検索し、
その検索結果から、自分の調べたい情報をえるために、
ホームページを訪れるのです。

Googleウェブマスターツールでは、
どのような検索語句で自分のホームページのページ
を訪れているかがわかるのです。

それがわかれば、
たとえば、その検索語句の記事をさらに追加することなどにより、
より、アクセスを多くするための対策が取れるのです。

3.表示されている検索クエリから、どれくらいクリックされたのかがわかる

検索クエリというのは、
前項でご説明した自分のページの検索に使用された語句のことです。

この検索クエリは、
サイトが検索結果に表示された検索語句の一覧で、
その中には、実際に自分のサイトのページをクリックして、
サイトに訪れた数も表示され、検索結果に表示されたうち、
何人が実際に検索結果をクリックして、
サイトを訪れたか(つまり、クリック率)がわかるのです。

このクリック率を分析して、
極端に低ければ、より、検索結果をクリックしてもらいやすいよう
タイトルを工夫するなどの対策を取ることができるのです。

4.どのページへのアクセスが多いかがわかる

当然ながら、サイト内のどのページをより多くの訪問者が
閲覧しているかがわかります。

どのページが多く見られているかがわかれば、
そのページに絞って記事の書き直しを行ったり、
キャッシュポイントや見せたいページへのリンクを
設置するなどといった対策も取れるのです。

5.サイトに向けられた外部リンク、内部リンクが判明する

Googleウェブマスターツールを利用すれば、
他のサイトから、自分のサイトにはられたリンクが
どのサイトのどのページから自分のサイトのどんなページに
はられているかがわかります。

また、自分のサイト内でも
どのページからどのページにリンクが送られているかがわかります。

以上のように、Googleウェブマスターツールでは、
サイトを運営していく上で、欠かせない
重要な情報を分析することができますので、
ぜひぜひ動画を見ながら、登録のほうをしてみてください。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
Googleウェブマスターツールの登録方法【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ