GoogleのOfficeツール(ドキュメント等)をオフラインで編集する方法【画像解説】

無料でウェブブラウザ経由で編集可能なGoogleドキュメント(文書作成アプリ)、スプレッドシート(表計算アプリ)、プレゼンテーション(プレゼンテーションアプリ)については、ウェブブラウザ経由であることから、オンラインでないと利用できないように思われます。

しかし、Googlechromeとその拡張機能を使えば、たとえオフラインであってもこれらのファイルを閲覧・編集することができます。

今回は、これらのGoogleのOfficeツールをオフラインで編集する方法について画像を用いて丁寧に解説していきます。

Googleのドキュメント等をオフラインで編集するための下準備

Googleドキュメント(文書作成アプリ)、スプレッドシート(表計算アプリ)、プレゼンテーション(プレゼンテーションアプリ)をオフラインで閲覧、編集するためには、ウェブブラウザがGoogle Chromeでなければいけませんので、もしGoogleChromeがお使いの端末に導入されていない方は、下記の記事を参考に先に、GoogleChromeのインストールを行ってください。
GoogleChrome(グーグルクロム)の特徴とインストール方法【動画解説】
GoogleChrome(グーグルクロム)の特徴とインストール方法【画像解説】

また、これから行う設定は、Googleドライブを複数の端末でご利用になっている場合、端末毎に設定が必要になりますので、ご注意ください。
google-offline0

オフライン利用するための設定

Googleドライブにログインし、「展開▼」をクリック

google-offline1

「オフライン」をクリック

google-offline2

「アプリケーションをインストール」をクリック

ご利用の端末の状況によっては、すでに当該アプリケーションがインストール済の場合があります。(このステップと次のステップは飛ばしてください。)
google-offline3

「追加」をクリック

google-offline4

「オフラインを有効にする」をクリック

google-offline5

設定処理中

設定にはしばらく時間がかかります。
google-offline6

オフライン同期の完了

オフライン同期が終わり、これで、オフラインでGoogleのOfficeツールを利用できるようになりました。
google-offline7

オフラインでのGoogleドライブの開き方

ここでは、テストのため、インターネット接続を切ってから行います。
google-offline8

方法1

Google Chromeを起動し、新しいタブを開き、左上の「アプリ」というアイコンをクリックします。
google-offline9


「Googleドライブ」をクリックします。
これで、Googleドライブのオフライン版が起動されます。
google-offline10

方法2

タスクバーから「GoogleChrome」を開きます。
私の環境では、隠れていました。
google-offline11


「Googleドライブ」をクリックします。
これで、Googleドライブのオフライン版が起動されます。
google-offline12

実際に各種アプリが開けるかテスト

実際に各種アプリがオフライン状態で開けるかテストしてみました。
先述の2つの方法により、Googleドライブのオフライン版が開いています。
「作成」をクリックして、それぞれのアプリをクリックしてみます。
google-offline13

オフライン状態で、Googleドキュメントが開けました

google-offline14

オフライン状態で、Googleスプレッドシートが開けました

google-offline15

オフライン状態で、Googleプレゼンテーションが開けました

google-offline16

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ