机の上には極力、何も置かない【 副業者の為の会社で残業しない方法とコツ 】

机の上のスペースを物を置く場所として、塞いでしまっていませんか?

もし、あなたがそのようなことをしていたら、それは仕事の効率をさげ、残業をする原因となっているかもしれません。

今回は、副業者が残業しないための方法として、『机の上には極力、何も置かない』ということについて動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

残業しないためには、仕事の効率をあげることが重要です。

そして、仕事の効率を上げるためには、
整理整頓が大切です。

整理整頓とは、
不要なものを捨てて、必要な物を取り出しやすいように
秩序だててしかるべき場所に置いておくことです。

机の引き出しの中や大きめの机の奥においた
トレーや棚があれば、きちんとこの整理整頓を
行っておく必要があります。

しかしながら、
机の手前のスペースには、
ベタベタと、物を置いていてはいけません。

特に、机の右手や左手にベタベタと横積みにした
書類や書籍等を置いておくのは最悪です。
3段トレーを活用しましょう。)

なぜ、机の手前のスペースは、
開けておく必要があるかというと、そこは
ものの置き場所ではなく、作業スペースだからです。

作業スペースは、作業に必要なものの一時保管場所に過ぎず
恒久的な保管場所ではないのです。

パソコンにある程度詳しい方だったら、
お分かりいただけるかもしれませんが、
下記のような関係に当たります。

メモリ ⇒ 机の上の作業スペース
ハードディスク ⇒ 本棚、引き出し等

机の上が物でふさがっていて、
作業スペースが狭い状態では、
メモリの容量の小さいパソコンで、
複数のアプリケーションを同時に起動すると
動作がもたつくのと同じことが起こります。

つまり、仕事のために同時利用する
書類や資料等を一時的に広げておくスペースがないため、
仕事のスピードが遅くなってしまうということです。

こういった事態にならないように、
トレーやパソコンはともかくとして、
机の上は、極力、物を置いていないシンプルな
状態に保っておくことが大切なのです。

また、おまけの効果として、
机の上に何もない状態にしていると、
それだけで、『仕事の出来る人』という
評価を受けることもありますので、
ぜひ試してみてください。

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので
ぜひご覧になってくださいね。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ