Better Delete Revisionのインストール方法と使い方【画像解説】

WordPressでは、記事を保存する都度、履歴(リビジョン)としてデータが無制限に蓄積していきます。

「チリも積もれば山となる」のとおり、この履歴は知らない間に膨大な量となっていきます。

WordPressの機能としては、この履歴により、記事を以前の状態に戻すことが出来ます。

場合によっては、便利な機能ですが、あまりこの機能に助けられて記事を復旧したという方は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回は記事のリビジョン(履歴)を一括して削除することの出来るWordPressプラグイン『Better Delete Revision』のインストール方法と使い方について画像を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

Better Delete Revisionでできることと導入の必要性について

WordPressのリビジョン機能は、あまり使うことがないということは冒頭で書いたとおりですが、下記のように記事やブログ管理者の投稿スタイルによっては、下記のように膨大な数が溜まっていきます。

このリビジョン機能は使わないのみならず、多く蓄積すると、場合によっては、サイトや管理画面の表示速度やデータベースの容量に影響を及ぼす可能性があります。

そこで、ある程度の記事数を投稿していてリビジョンが溜まってきたら、このプラグインにより一括削除することを推奨します。
そして、一括削除が終われば、このプラグインは不要ですので、プラグインのインストール数が増えすぎて、これまた表示速度に影響を与えないように、アンインストールをしておくほうがよいです。

また、その後には、下記の記事で紹介しているプラグインにより、リビジョンの保存数の制限をしておくと、今後も不要なリビジョンが蓄積せずに済みます。
Revision Controlのインストール方法と使い方【画像解説】
Revision Controlのインストール方法と使い方【動画解説】

BetterDeleteRevision00

Better Delete Revisionのインストール方法

WordPressへのログインとプラグインの新規追加

WordPressへのログイン後、『プラグイン』⇒『新規追加』をクリックします。
BetterDeleteRevision01

検索窓に『Better Delete Revision』と入力し、Enterキーを押します。
BetterDeleteRevision02

検索結果に表示された『Better Delete Revision』のところの『いますぐインストール』をクリックします。
BetterDeleteRevision03

『OK』をクリックします。
BetterDeleteRevision04

プラグインの有効化

『プラグインを有効化』をクリックします。
BetterDeleteRevision05

Better Delete Revisionを使ってリビジョンを一括削除する方法

『設定』⇒『Better Delete Revision』をクリックします。
BetterDeleteRevision06

『Check Revision Posts』をクリックします。
BetterDeleteRevision07

投稿記事の一覧が表示されます。
一番下までスクロールします。
BetterDeleteRevision08

『Yes,I would like to…』をクリックします。
BetterDeleteRevision09

リビジョンの一括削除が完了しました。
このプラグインは過去のリビジョンを一括して削除するときにのみ利用するものですので、処理完了後、プラグインの削除を行うことを推奨します。
不要なプラグインが入っていると、表示速度を遅くする原因となることがあるためです。
BetterDeleteRevision10

以上になります。

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ