Better Delete Revisionのインストール方法と使い方【動画解説】

WordPressは頻繁に更新する大量の記事を投稿するようなサイトを運営する際には最適なものです。

結果として、WordPressブログの中には数百記事を超えるような大規模なものも数多くあります。

そして、記事数が多くなると、WordPressに元々備わっている各投稿記事のリビジョンも合計すると膨大な数になってきます。

各投稿記事に保存されているリビジョンは、記事を復旧する際には便利ですが、実際のところ、ほとんど利用する機会はなく、膨大な数のリビジョンは場合によっては、サイトや管理画面の表示速度に影響を与える可能性があるなど、マイナスの影響がもたらされることすらあります。

そこで今回は、各投稿記事に蓄積されたリビジョンを一括して削除することの出来るWordPressプラグイン『Better Delete Revision』のインストール方法と使い方について動画を用いて丁寧に解説していきたいと思います。

忙しい方は、動画下の倍速視聴方法をご覧ください。

YouTube動画を倍速再生する方法【動画解説】
YouTube動画を倍速再生する方法【画像解説】

インターネット上には、様々な情報があふれています。

同じジャンルのサイトには様々なものがあるのが通常であり、
サイト閲覧者は、ちょっとしたマイナス要因であっても
『他のサイトを見ればいいや』とすぐに訪れたサイトを離脱します。

たとえば、サイトの表示速度です。

あるサイトを開こうとしたものの、
実際に記事が表示されるまでに
何秒、何十秒と時間がかかってしまっていては
すぐにしびれを切らして、別のサイトへと去って行ってしまいます。

情報を求めるユーザーは気が短く
ちょっとしたことで去って行ってしまうのです。

もちろん、ちょっとした落ち度があろうと、
『このサイトを見たい』
『この運営者の発信する情報が見たい』
というように、そのユーザーにとっての『ブランド』に
なることができれば最も望ましいです。

しかし、そういったブランドを構築するためには、
価値ある情報を発信することは大前提として、
はじめのとっかかりの段階では、まずは、
自分のサイトを訪れてコンテンツを見てもらわないことには
何もはじまりません。

ですから、サイトの表示速度には大いに神経質になるべきです。

WordPressには、記事を保存する度に蓄積される
履歴(リビジョン)があります。

このリビジョンは、記事を保存した時の記事の全文が
それぞれまるまる残っている状態であり、
投稿の仕方によっては、1つの記事につき、
数十ものリビジョンが残ることもありえます。

これが、投稿記事数分あれば、
なかなか軽視できないほどのデータ量となり、
サイトの表示速度に影響をもたらすこともあります。

ですから、溜まったリビジョンは削除するほうがよいのです。

そこで、活用するとよいのが、ここでご紹介している
WordPressプラグイン『Better Delete Revision』なのです。

そして、このプラグインにより、記事のリビジョンを一括削除した後には、
リビジョンの保存数を制限する下記のプラグインを導入しておくと
今後も不要なリビジョンが蓄積されるのを防ぐことが出来ます。

Revision Controlのインストール方法と使い方【動画解説】

動画内では、より詳細かつ丁寧に解説していますので、
ぜひ、ご覧になってくださいね。

動画でなく、文字と画像での解説をご覧になりたい方は下記の記事をご覧ください。
Better Delete Revisionのインストール方法と使い方【画像解説】

公式メルマガ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ